2012年の河川ニュース
●2012年11月7日(水) ヤマメの発眼卵を設置 秋山川・野上川(旗川)・彦間川 
日本釣振興会様より24,000粒、深谷養魚場様より10,000粒のヤマメの発眼卵を提供して頂き、
11月7日(水)に秋山川と野上川(旗川)、さらに彦間川に設置しました。
  発眼卵と稚魚の保護にご協力ください。
    アルバムを見る>> 
●2012年10月14日(日) 野嶋フィッシングスクール様の納会 渡良瀬川 
野嶋玉造氏が理事長を務める『野嶋フィッシングスクール』様の納会が、北関東道橋下で催されました。
心地良い秋晴れの下、20名以上の参加者が渡良瀬川のアユ釣りを楽しまれました。
  水温24℃と低めの中、釣果は0~8尾、最長26cmでした。
    アルバムを見る>> 
●2012年10月14日(日) 稚魚の放流 秋山川・野上川(旗川) 
秋山川と野上川(旗川)で、ヤマメとイワナの稚魚を放流しました。
来春には立派な成魚に成長してくれるものと思います。
    アルバムを見る>> 
●2012年9月23日(日) 囮アユの販売終了 渡良瀬川 
渡良瀬川の囮アユの販売は、9月23日(日)正午で終了となります。 
シーズン中は大勢の皆様にご利用頂き、ありがとうございました。
アユの姿はまだ見られますので、囮持参の上、お楽しみください。
●2012年9月20日(木) 渓流釣り禁漁 全河川
渓流釣り(サクラマス・ヤマメ・イワナ)は、9月20日(木)から来春まで全河川禁漁となりました。
ご利用ありがとうございました。
尚、渡良瀬川のニジマス釣りはお楽しみ頂けます。
お知らせ 放射線量の調査結果   
2012年に実施した渡良瀬漁業協同組合管内の放射線量調査結果は以下の通りです。
9月19日現在  
採取日 魚種  採取河川名  採取場所  放射性セシウム線量 (単位Bq/kg
2月15日 ヤマメ  秋山川 佐野市秋山町 42.3
4月16日 ヤマメ  渡良瀬川 足利市中川町 検出せず
 〃    秋山川 佐野市秋山町 検出せず
5月15日 ヤマメ  渡良瀬川 足利市中川町 検出せず
 〃    秋山川 佐野市秋山町 検出せず
5月22日 アユ  渡良瀬川 足利市鹿島町 17
6月3日 アユ  渡良瀬川 足利市鹿島町 25
アユ  秋山川 佐野市秋山町 14
6月18日 アユ  秋山川 佐野市秋山町 検出せず
アユ  渡良瀬川 足利市川崎橋~群馬県境   9.1
7月10日 アユ  秋山川 佐野市牧町~秋山町 検出せず
〃  ヤマメ 〃     9.3 
7月17日 アユ  渡良瀬川 足利市緑橋~桐生境   8.0
8月24日 アユ   渡良瀬川 足利市緑橋~桐生境 検出せず 
8月27日 アユ  秋山川 佐野市秋山町木浦原~水木町  検出せず 
ヤマメ  〃    8.1 
9月18日 アユ   秋山川 佐野市秋山町木浦原~水木町  検出せず 
9月19日 アユ  渡良瀬川 足利市緑橋~桐生境   12.7 
  魚類規制値100Bq/Kg)
●2012年9月15日(土) アユ情報 渡良瀬川
水温が30℃近くと高い、残暑厳しい渡良瀬川の北関東道橋の上流で、お昼少し前から4時頃まで、
初めて友釣りにトライされた方を含む5人組みの釣果は、25~26cmサイズが26尾でした。
近くでは、一人で20尾以上の釣果を上げている釣り人もおり、今年はまだまだ楽しめるようです。
●2012年9月9日(日) ヤマメの追加放流を実施 秋山川
今年最後のヤマメの追加放流を秋山川で実施しました。
涼しい風に秋の気配を微かに感じる秋山の里に、大勢の渓流ファンの方がお越しになりました。
気温、水温が高く、水量が少ない事が原因でしょうか、放流直後のアタリは良かったものの
どこの放流ポイントでも食いが悪く、餌に反応しないヤマメの姿が見られました。
姿が見えているのに釣れないという難しい釣りとなり、平均釣果は10尾程でした。
かなりのヤマメが残っていますので、明日以降も楽しめると思います。
 アルバム>>  
●2012年9月2日(日) アユ情報 渡良瀬川
久々の雨空。北関東道橋付近の水温は26~28℃でした。水量は少ない状態が続いていますが、
約10cmの増水がありました。濁りはありません。
サイズは20~25cmが多いのですが、中には27、28cmクラスもおり、細い仕掛けでは不安です。
釣果は平均5~20尾程で、アユ漁終盤を迎えたこの時期と、少ない水量にしては良好な釣果と言えます。
渡良瀬川のアユ漁はまだまだ楽しめます!
渡良瀬川の川原では、沢山のハミ跡が確認できます。 
その大きさから天然遡上のアユであることが判ります。 
●2012年9月2日(日) ヤマメの追加放流を実施 野上川(旗川)
時折強い雨が降る空模様の下、野上川(旗川)の上流域でヤマメの追加放流を実施しました。
野上川(旗川)では今年最後の放流という事もあり、大勢の渓流ファンの方にお越し頂きました。
どのポイントでも放流直後からコンスタントに釣れ、野上の渓流釣りを楽しんで頂けたかと思います。
 アルバム>>  
●2012年8月23日(木) 放射能検査用にアユを採捕 渡良瀬川
快晴の8月23日(木)、午前9:30~12:30の3時間、鹿島橋下流から北関東道橋上下の場所で、
10名の組合役員により放射能検査用のアユを採捕しました。
水温28℃、減水傾向のなか、20~25cmサイズを31尾、重量は3kgでした。
また、前日の22日には、同じ場所で、20~27.5cmサイズを25尾と良好な釣果が報告されており、
渡良瀬川のアユ漁は、まだまだ楽しめます。
●2012年7月 各河川のアユ釣果情報 
 
●7月前半
 渡良瀬川 水量が多く、濁りが続いたが、濁りが収まってからは、一気に釣果が伸び、
  20~23cmが10~30尾と絶好調でした。
  特に高速下、葉鹿橋下流の水量計設置側竹藪前、緑橋上流の瀬落ちで釣果が伸びていました。
 秋山川 荒井囮店付近、日軽前、氷室小前が安定して出ています。
  15~18cm小さなサイズが多いのですが、綺麗で美味しいと評判のアユが
  10尾前後は釣れていました。
 野上川 秋山川と同様に型は小さいものの、20尾前後釣れる日が続きました。
  青木建材上流の梅の木から下出堰の区間は安定した釣果が上がっていました。
  栃窪橋上流ポンプ小屋前は良型が出ていました。
 
 ●7月後半
 
 渡良瀬川  水量が落ち、どこでも竿が出せる状況の中で、かなりの釣果を上げた場所が、
  翌日にはガクンと釣果が落ちるなど、日によってポイントにムラが出ました。  
  囮店で囮を購入する際に、当日の新しい情報を仕入れて下さい。 
  現在、緑橋上流の荒瀬、高速橋下流の左岸、北関東道橋上流の深場や
  葉鹿橋下流、桐生川出会い付近が良く釣れています。
  また、いよいよ25cm級200gクラスが出始めたので、仕掛け取り込みには慎重に対処したほうが
  現在、18~25cmが3~15尾。一雨降って、5cmでも増水するとよく掛っています。
  アユの跳ね、舐め跡はびっしりとあります。
 
 秋山川  20㎝の良型が出るようになってきました。
  人気のポイントである片根の坂に立つ栗の木脇もやっと出るようになってきました。
  柿平のポンプ小屋上流、馬入りから氷室小学校前の浅瀬、松崎橋上流、日軽橋前後
  荒井囮店付近、日陰堰下でよく出ています。
  一か所で10~20尾はなかなか出ないので、アタリが遠くなったら場所を変えるのが、
  釣果を伸ばすコツでしょうか。平均釣果は16~17cmが5~15尾。
 
野上川  稲岡橋、囮店付近も出るようになってきました。下出堰下流の竹藪前、太鼓橋上下、小日向が狙い目。
  15~19cmクラスが、良いポイントだと20尾程釣れています。
  アタリの出ないときは、上下に移動すると釣果が上がるようです。水量は少ない。
 
●2012年7月1日(日) 野上川(旗川)でアユ釣り解禁
7月1日(日)、先週解禁となった秋山川に続き、野上川(旗川)でもアユ釣りが解禁となりました。
雲が多く、日中の気温は24℃。濁りの無い平水状態の水温は15℃でした。
解禁日の割には入漁者が少なく、下流から上流までゆったりとした釣りを楽しんで頂けました。
水温の低い早朝だけは、追いの悪い様子でしたが、やはり水温の上昇と共に釣れ始め、
下出堰の下流の竹薮前では、60尾の最高釣果がでました。平均釣果は12~18cmのサイズが7~8尾でした。
まだ小型のアユが多く見られるので、今後の照り込みを期待したいです。
●2012年6月24日(日) 秋山川でアユ釣り解禁
梅雨の中休み。雲は多いものの強い陽射しが届く秋山川で、アユ釣りが解禁となりました。
数日前に1m近く増水した水量は、濁りのある多目の平水に戻りましたが、
朝の水温が、良好な釣果を得られた試し釣りの日に比べて、11℃とかなり低く、
追いのあまり良くない、厳しいスタートとなりました。
気温が上がり、水温が15℃位になると、荒井囮店前のポイントを中心に連続して釣れ始めました。
聞き取り調査した釣果は0~37尾と、ポイントによって差が開きました。平均釣果は5~6尾です。
この先天候が落ち着いて、平均水温が上昇すれば、アユの成長と共に、釣果も期待できそうです。
アルバムを見る>>  
●2012年6月23日(土) アユ釣り解禁直前情報 秋山川
明日、アユ釣りが解禁となる秋山川の様子をお届けします。
今朝の天気は曇り、水温は11.3℃でした。前日が11.5℃とそれ程変動はありません。
水量は平水よりも多目で、濁りがあります。川底を見ることや水中のアユを確認できない状態です。
   
   
 
囮は、荒井囮店と下秋山公民館の2ヶ所で購入できます。 (下秋山公民館は解禁日のみ)
囮の販売時間: 荒井囮店 23日(土) 午後5:00~6:00
24日(日) 午前3:00~
下秋山公民館 24日(日) 午前3:00~
●2012年6月18日(月) アユの試し釣りを実施 秋山川
解禁日を6日後に控えた快晴の秋山川で、午前9:30~11:30の2時間、
下記のポイントで、6名の組合役員がアユの試し釣りを実施しました。
型は全体的に小さいものの、6ヶ所の平均は15尾と、良好な釣果を得られました。
また、今回試し釣りを実施した流域では、流れの中にアユの姿が数多く見えていますので、
24日(日)の解禁日は期待ができそうです。
 アルバムを見る>>  
場所(上流から) 釣果  魚体
太田沢堰下流 23 14.7~17.5cm 27~47g 
日陰堰下流 12 15.5~18.0cm 22~46g 
荒井囮店前 18 14.7~15.6cm 29~38g 
日軽砕石前 17 12.5~17.5cm 22~42g 
岩鼻橋上流 6 14.0~16.0cm 29~40g 
岩鼻橋下流 18 14.0~16.5cm 27~44g 
水量はやや少な目。水温20℃ 
●2012年6月10日 渡良瀬川でアユ釣り解禁
梅雨入りして最初の日曜日、渡良瀬川では例年より大勢の釣り人が、アユの友釣り漁を楽しまれました。
平水よりやや少な目、水温18℃の解禁初日の釣果は、試し釣りと同様に、葉鹿橋より上流部が好調で
30尾以上に釣果を伸ばした方が数人、平均的には16~18cmを5~6尾でした。
また、高速下付近は平均5~6尾と、昨年を少し上回る釣果でした。
一方、昨年好調だった下流部、緑橋から川崎橋では、河川工事等の影響もあるのでしょうか、
0~5尾と伸びず、場所を移動する釣り人の姿も見られました。
  アルバムを見る>>  
川鵜のデコイを探しています 渡良瀬川
川鵜駆除のために、渡良瀬川上流部に設置してあった『川鵜のデコイ6体』が
5月初旬の増水によって流失してしまいました。
見つけられた方は、組合事務所迄ご連絡ください。
渡良瀬漁業協同組合事務所 0284(91)2361  
●2012年6月3日(日) アユの試し釣りを実施  渡良瀬川
3日(日)晴れ。気温24℃、水温17℃の渡良瀬川の11ヶ所で、9:00〜13:00の4時間、
アユの試し釣りを行いました。
釣果は、14〜19cmサイズが0~21尾で、その内、4割は天然遡上のアユでした。
今回の試し釣りでは、釣果のほとんどが葉鹿橋より上流に集中していましたが、
多くの場所で、はみ跡やハネがたくさん確認されていますので、解禁日に向けて期待が高まります。
お知らせ アユの放射線量調査結果 渡良瀬川  
2012年5月22日(火)、足利市鹿島町の渡良瀬川で、放射線量調査のため
アユを採取しました。
検査の結果、放射性セシウムは17Bq/kg (魚類規制値100Bq/Kg)でした。
2012年5月29日(火) 戻りヤマメが絶好調! 渡良瀬川  
渡良瀬川の葉鹿橋付近では、40cm前後の戻りヤマメが、絶好調に釣れています。
2012年5月28日(月)PM4時頃
2012年5月27日(日) 親子で釣り体験開催 秋山川  
27日(日)晴れ。気温26℃、水温18℃、絶好の行楽日和! 秋山川でJTB様主催の『親子で釣り体験、
清流で対決!手ぶらで魚釣り♪』が実施されました。
3歳から7歳のお子さんと保護者の方が、組合役員から釣り方の説明を受けた後、
イクラやブドウ虫を餌に、ヤマメのミャク釣りに挑戦しました。
子供と一緒に握った竿が何本も並び、魚が掛かった時に親子の嬉しそうな歓声があがったり、
自分の釣り上げた魚にびっくりする子供がいたりと、普段の釣り場では見られない光景が
展開されました。
囲った浅瀬にヤマメを放した『手づかみコーナー』では、最初は触ることに躊躇していた子供たちが
慣れてくるに従い、夢中になって追いかける姿が見られました。
また、炭火で塩焼きにしたヤマメを、川原で美味しそうにほおばるなど、
思い出に残る楽しい一時を過ごして頂けたかと思います。
アルバムを見る>>  
2012年5月20日(日) 渓流魚の特設釣り場開設 野上川(旗川) 
増水により延期になっていた、野上川(旗川)の特設釣り場が、半袖姿も見られる快晴の下
午前10時にスタートしました。秋山川の特設釣り場の時と同様に、数多くのポイントに分散して
放流したため、ゆったりとしたスペースで、型の良いヤマメをテンポ良く釣って頂く事ができました。
釣果は、50尾以上の釣果を上げた方や、同時放流した尺イワナをゲットされた方も
いらっしゃいましたが、17~8尾が初日の平均でしょうか。
初日は餌釣り限定でしたが、二日目以降はフライやルアーもお楽しみ頂けます。
午前10時の水温は13℃。日中の気温は25℃でした。
イベント情報>>  
アルバムを見る>>  
●お知らせ ヤマメの放射性物質検査結果
 2012年5月15日(火)午前、秋山川の上流域にて、栃木県による
 放射性物質検出検査のため、ヤマメを採取しました。
 検査の結果、放射性セシウムは検出されませんでした。
●採捕場所: 秋山川上流
●採捕日時 : 2012年5月15日(火)
放射性セシウム 検出されませんでした(魚類規制値100Bq/Kg)
2012年5月13日(日) 秋山川で渓流魚の追加放流 
大雨による増水で延期になっていた、秋山川の渓流魚の追加放流を
13日(日)、弱い南風の吹く、穏やかな天候の下で実施しました。
延期した日程での追加放流のためでしょうか、釣り人の姿は通常よりも少なく、
ポイントの移動も楽にでき、ゆったりとした釣行をして頂けたかと思います。
水温は上流部で11℃。平均釣果は7~8尾でした。
 アルバムを見る>>  
2012年5月9日(水) 水量ほぼ平水に 
連休が明けた7日(月)には、若干水量が減り始めたものの、まだ荒れて濁った川に、
数人の釣り人が、土手や道路から釣り糸を垂らしていらっしゃいました。
9日(水)になり、各河川の状況は、ささ濁りのほぼ平水状態となりました。
この先、数日間は天候が不安定のようですが、釣り場の環境は良いと言えます。
のんびりと渓流釣りをお楽しみください。
  
  
2012年5月3日(日) 大雨による増水でイベントが中止に 
 昨日から降り続いた雨で、各河川の水量が急激に増し、安全に釣りを楽しむ環境ではなくなったため
イベントや追加放流を心待ちにされていた皆様には申し訳ございませんが、
各河川で予定されていたイベントが中止、或いは延期となりました。
 多くのお子様が楽しみにされていた、清流会様主催の渡良瀬川『子供釣り場』は、
残念ながら、3日・4日の両日共に中止となってしまいました。
 また、3日早朝から、追加放流をお待ち頂く渓流釣りファンの方の姿が見受けられた
秋山川の『渓流魚の追加放流』は、「13日(日)10時から」に延期となりました。
 野上川(旗川)で5日(土)~7日(月)に開催予定されていた『渓流魚の特設釣り場』は
仮設の堰を設置する等の会場準備が不可能なため、5月20日(日)からの3日間に変更となりました。
2012年4月29日(日) 野上川(旗川)でアユの稚魚を放流  
4月29日(日)午前、野上川(旗川)でアユの稚魚を放流しました。
秋山川より2週間程遅れての放流ですが、気温や水温も上昇し、水量も増えているので、
7月1日の解禁日に向け、すくすくと成長してくれる事と思います。
アルバムを見る>>
2012年4月22日(日) 野上川(旗川)で渓流魚の追加放流  
風が冷たく感じる曇り空の下、野上川(旗川)で渓流魚の追加放流を実施しました。
例年より多くの釣り人の方に、今年2回目の野上川(旗川)での追加放流を楽しんで頂きました。
放流直後は皆さんコンスタントに釣れたようですが、昼前後からはアタリの止まった方が
多かったようです。午前中の平均釣果は7~8尾でした。夕方になると、放流ポイントよりも
少し下がった堰下等で釣れていました。
また、放流ポイントとは3キロ程離れた上流域で、30尾の釣果を出された方がいらっしゃいました。
 アルバムを見る>>  
2012年4月15日(日) 秋山川でアユの稚魚を放流  
前日の雨で若干水量が増した秋山川で、約20ヶ所にアユの稚魚を放流しました。
早朝の水温は6℃でしたが、昼前には11℃迄に上昇しました。
10cm程の稚魚が、解禁日には立派に成長して、皆様に楽しんで頂ける事と思います。
放流後は、川鵜から稚魚を守るため、川面にラインやネットを張りました。
渓流釣りの方は、ラインやネット等が無い『渡戸橋』より上流が釣り易く、お薦めです。
また、岩鼻橋上流では、氷室小学校や葛生幼稚園の子供達に放流体験をして頂きました。
組合役員の説明を受けた後、持参のバケツから稚魚を一斉に放流しました。
川で遊ぶ事など殆ど無い昨今、満開の桜のもと、清流と魚に親しむ事ができ
有意義な一時を過ごして頂けたかと思います。
アルバムを見る>>  
2012年4月8日(日)から3日間 渓流魚の特設釣り場開設 秋山川 
秋山川の特設釣り場が、前日までの強い風も収まった柔らかな日差しの中、
午前10時にスタートしました。数多くのポイントに分散して放流したため、
ゆったりとしたスペースで、型の良いヤマメをのんびりと釣って頂く事ができました。
釣果は、50尾以上の釣果を上げた方や、同時放流した尺イワナ(中には40cm超も)を
ゲットされた方もいらっしゃいましたが、15~20尾が初日の平均でしょうか。
初日は餌釣り限定でしたが、二日目以降はフライやルアーもお楽しみ頂けます
アルバムを見る>>
イベント情報>>  
 
2012年5月3日(木)・4(金) 第43回 足利まつり 開催 
ゴールデンウィークの5月3日、中学生以下のお子様を対象とした
『足利渡良瀬清流会』様主催の『子供釣り場』にお出掛けになってはいかがですか?
午前9時~午後3時まで、中橋 下流左岸に放流された300キロのヤマメやマスを釣ったり、
カブト虫やクワガタ虫がもらえる抽選会に参加したりと、楽しい一日が過ごせます。
尚、4日(金)は招待者の方のみのイベントとなります。
詳しくはこちらをご覧ください>>
2012年4月7日(土) 渡良瀬川でアユの稚魚を放流
葉鹿橋、高速下、テニスコート前の3ヶ所でアユの稚魚を放流しました。
葉鹿橋では蓄養放流を行いました。川の中に設置した生簀に入れて休養させ、
午後になって、渡良瀬の水に慣れた頃に放流しました。
 アルバムへ>>
 ◎ご注意ください◎
2012年4月1日(日)~7月15日(日) 川鵜(カワウ)の駆除を実施
川鵜は近年、その個体数が増加し、魚に対する巧みな捕食行動により、各河川で多大な被害が出ています。
そこで当組合では地元猟友会の協力を得て、猟銃を使用した川鵜の駆除を行うことになりました。
安全には万全の配慮をしての駆除活動ではありますが、釣り人の皆様もお気を付けくださいますよう
お願いいたします。
駆除期間: 2012年4月1日(日)~7月15日(日) 日の出から日没まで
   但し、4月28日(土)~5月6日(日)と5月10日(木)~16日(水)は休猟となります
駆除範囲: 渡良瀬川   桐生川合流付近から高橋大橋
  小 戸 川    二号橋付近
  大 戸 川    宝出橋付近
  野上川(旗川) 駒藤橋付近
猟友会名: 栃木県猟友会足利支部・栃木県猟友会足利和支部・栃木県猟友会安蘇支部野上分会
 
渓流魚の特設釣り場を開設
秋山川と野上川(旗川)では、ネットで区画した約500mの範囲に、100キロのヤマメを放流し、
密度の濃い釣りを楽しんで頂ける、有料の特設釣り場を以下の日程で開設します。
尚、両会場とも、初日は全区間『餌釣り』のみとなります。
ルアー釣りやフライ釣りは開設日翌日からお楽しみください。
 
秋山川 渓流魚の特設釣り場
期 日    :  4月8日(日)午前10時 ~10日(火)の3日間
   初日は『餌釣り』のみ
場 所    : 秋山・秋山学寮前
料金(お一人様):  2,000円・中学生以下は500円 (入漁券は3日間有効) 
入漁券の販売 : 8日(日)午前9時から現地受付にて販売いたします
  9日と10日は現場係員からお求め下さい(料金は同額です)
放流魚    : ヤマメ 100キロ 
通常の鑑札では入場できませんのでご注意下さい 
 秋山川を攻略!釣り場を画像で見る>>
 
   ○野上川(旗川) 渓流魚の特設釣り場
期 日    :  5月5日(土) 午前10時~7日(月)の3日間
   大雨による増水のため、下記日程に延期となりました
  5月20(日)午前10時~22日(火)の3日間
   初日は『餌釣り』のみ
場 所    : 作原・作原野外活動施設、茂木商店前
料金(お一人様):  2,000円・中学生以下は500円 (入漁券は3日間有効) 
入漁券の販売 : 20日(日)午前9時から現地受付にて販売いたします
  21日と22日は現場係員からお求め下さい(料金は同額です)
放流魚    : ヤマメ 100キロ 
通常の鑑札では入場できませんのでご注意下さい 
野上川(旗川)を攻略!釣り場を画像で見る>> 
2012年3月25日(日) 渡良瀬川で渓流魚の追加放流を実施
午前10時前、北関東道下、テニスコート、緑橋の3ポイントで、『清流会』様によるニジマスの放流が行われました。
放流後、本流用の長い竿が風にあおられる程の強い風が吹き、特にフライ釣りの方は苦労されていました。
午後3時頃の聞き取り調査では、平均釣果は10尾でした。
2012年3月18日(日) 野上川(旗川)で渓流魚の追加放流を実施
渡良瀬川、秋山川と同様に、野上川(旗川)でも例年より多くの渓流釣りファンの姿が見られました。
上流域はまだ水温が低く、多い方でも4~5尾程の釣果でしたが、水温7℃の下流域では、
放流直後から釣れ始め、多い方で20尾、平均釣果は4~5尾でした。
あいにく昼頃から小雨が降り始めましたが、やはり夕方は釣果があがったようです。
アルバムを見る>> 
2012年3月11日(日) 秋山川で渓流魚の追加放流を実施
連日の雨模様の下、早朝から追加放流を待ちわびる多くの渓流釣りファンの姿が見られました。
放流直後は水温が低いのが原因でしょうか、全体的には釣果が伸びなかったようでしたが、
一方、日没近くになって連続で釣り上げている方もいらっしゃいました。
放流した各ポイント付近では、まだ沢山のヤマメがいると思われます。
また、放流魚はヤマメが主ですが、少数の尺イワナも含まれていますので、
どうぞお楽しみください。
 落蔵橋
2012年3月10日(土) 渡良瀬川で渓流魚の追加放流を実施
前日からの雨の中、アカサカ釣具店様による解禁後初の追加放流が実施され、
大勢の釣り人に集まっていただきました。
 高速下
2012年3月9日(金) サケの稚魚を放流しました
冷たい雨の降る中、大田原市片府田の栃木県水産試験場片府田試験池から、
サケの稚魚(全長6~7cm)約2万尾を運びました。
秋山川は佐野厚生総合病院付近、野上川(旗川)は寺岡山元三大師前、
そして渡良瀬川は川崎橋上流ヘリポート前の3ヶ所に放流しました。
成魚となって回帰する数年後には、立派に成長した姿が見られると思います。
アルバムを見る>>
2012年3月4日(日) 渓流解禁
3月4日(日)、比較的穏やかな天候に恵まれ、渡良瀬川、秋山川、野上川(旗川)をはじめとする
渡良瀬漁協内の全河川で渓流釣りが解禁となりました。日の出と共に、この日を待ちわびた大勢の
渓流釣りファンの方々が楽しんでおられ、特に秋山川と野上川(旗川)では、例年よりも多くの
釣り人にお越しいただきました。
聞き取り調査の結果、平均的な釣果は10尾位でしょうか。中には40から50尾以上という
強者な釣り人も少数ですがいらっしゃいました。
漁法はイクラやぶどう虫を使った餌釣りがほとんどで、フライとルアーは、前日の水温が5℃と低く、
細かく丁寧にポイントを探る難しい釣りだったようです。
当日の様子をアルバムに掲示しましたのでご覧ください。
アルバムを見る>>
2012年3月3日(土) 渓流魚の放流を実施
渓流解禁日の前日である3日土曜日に渡良瀬川、秋山川、野上川(旗川)の各河川で
渓流魚を放流しました。
型の良いヤマメは、解禁日に手応えある渓流釣りを楽しんでいただけると思います。
 
●お知らせ 天然ヤマメの放射性物質検査結果
 2012年2月15日(水)午前、秋山川の上流域にて、県農業試験場による
 放射性物質検出検査のため、天然ヤマメを採取しました。
 検査の結果は放射性セシウム42.3ベクレルで、4月から採用される予定の
 新規制値、100ベクレルを下回りました。
 この検査結果を受け、渡良瀬漁業協同組合の全河川は、予定通り
 3月4日(日)に渓流釣り解禁となります。
●採取場所: 秋山川上流
●採取日時 : 2012年2月15日(水)
放射性セシウム 42.3Bq/kg (魚類規制値100Bq/Kg)
 
 この値は新基準値を下回り、安全に食べられる数値です。
 ご協力をお願いします
『放流協力金』を1口10,000円で受け付けています
 詳しくは組合事務所にご連絡ください。>>
 ルールを守り、お互いゆずりあい、楽しい釣りをしましょう。
トップページへ
・ページトップへ ・入漁券のお求めは  ・鮎情報  ・渓流魚情報  ・その他の魚種情報  ・アクセス 
・アルバム  ・渡良瀬川の紹介 ・野上川(旗川)の紹介  ・秋山川の紹介 ・その他の河川紹介
渡良瀬漁業協同組合
Copyright (c) 2010 WATARASE FISHERY COOPERATIVE All rights reserved.
inserted by FC2 system