2013年 河川ニュース
●2013年12月9日(月) ヤマメの孵化を確認
秋山川・野上川(旗川)・彦間川
各河川に先月設置したヤマメの発眼卵を入れたケースを回収しました。
孵化した後、ケースの隙間から外に出た稚魚を、近くの小石や枯葉の下、あるいはケースの下に
見ることができました。どの位の数が成魚になれるのでしょうか?今後の成長が楽しみです。
 
●2013年11月23日(土)・24日(日) チャリティ・ニジマス特設釣り場
渡良瀬川
渡良瀬川緑橋上流の特設釣り場が、小春日和の穏やかな天候の下、午前10時にスタートしました。
この日のために放流された350キロのニジマスは、スタートの直後から良く釣れ、中でも
下流側に張られたネット付近に集まったようで、そのポイントでは入れ食い状態が続きました。
翌24日(日)も前日同様の好天に恵まれ、早朝から常連さん、御家族連れで賑わいました。
二日目は、初日のような釣果は上がりませんでしたが、今年最後のイベントを楽しんで頂けたかと思います。
 
 

   
アルバム>>
●11月 ヤマメの発眼卵設置と稚魚の放流 各河川
既にお伝えしましたとおり、11月はヤマメ発眼卵の設置と、ヤマメ、イワナの稚魚放流を
各河川で実施しました。
ヤマメ発眼卵は、秋山川に40,000個、野上川(旗川)に30,000個、彦間川に10,000個を設置しました。
ヤマメの稚魚12,300尾は、秋山川に5,450尾、野上川(旗川)に5,450尾、彦間川に1,000尾
そして名草川、小俣川、松田川、松田湖に各々100尾を放流しました。
また、イワナの稚魚は秋山川と野上川(旗川)の上流域に各々3,000尾を放流しました。
●2013年11月10日(日) ヤマメの稚魚を放流
渡良瀬川・野上川(旗川)・秋山川・彦間川
11月10日(日)、ヤマメとイワナの稚魚を放流しました。来春の解禁日が楽しみです。
●2013年11月9日(土) ヤマメの発眼卵を設置
 野上川(旗川)・彦間川と秋山川の支流
11月9日(土)、ヤマメの発眼卵を野上川(旗川)と彦間川の数か所に設置しました。
また、秋山川の各支流にも発眼卵を設置しました。それらの沢がヤマメの育つ種川となり、
豊かな河川環境が整備される事を目的としています。
 
●2013年11月5日(火) ヤマメの発眼卵を設置 秋山川
11月5日(火)、ヤマメの発眼卵 12,000粒を秋山川の8ヶ所に設置しました。
発眼卵と稚魚の保護にご協力ください。
 
●2013年9月15日(日) ヤマメの追加放流 秋山川
9月15日(日)。前日から降り続く雨の中を先週の野上川(旗川)と同様、多くの渓流釣りファンの方々に
お越しいただきました。
午前9時、渡戸橋より上流の各ポイントに、この日も150㎏に増量した20㎝超級のヤマメとイワナを
追加放流しました。
水量が増して全体的に濁った速い流れ中に魚は姿を隠し、大きな型とあわせ、ダイナミックな渓流釣りを
楽しんで頂けたかと思います。
渓流シーズンもいよいよ19日(木)で終わり、来年春先まで禁漁となります。
尚、渡良瀬川では、11月23日(土)・24日(日)に、マスの特設釣り場(有料)を開催予定です。
詳細は後日お知らせいたします。
 
●2013年9月8日(日) ヤマメの追加放流 野上川(旗川)
9月8日(日)。秋の気配を感じる雨空の下、
午前9時頃から小戸川大戸川が合流する地点から上流に追加放流しました。
この日、野上川(旗川)では、今シーズン最後の放流のためでしょうか、各ポイントは
大勢の渓流釣りファンの方々でいっぱいになりました。放流直後から釣果が上がり、
終盤の渓流釣りを存分に楽しんで頂けたかと思います。
尚、秋山川は9月15日(日)に、ヤマメとイワナの追加放流を実施する予定です。
渡良瀬川では、11月23日(土)・24日(日)に、マスの特設釣り場(有料)を開催予定です。
アルバム>>  
●2013年7月29日(月) 放射性物質検出検査用のヤマメを採取 
●2013年7月30日(火) 放射性物質検出検査用のアユを採取  
渡良瀬川・秋山川
 
放射性物質の検出検査のため、7月29日(月)にヤマメを秋山川で、30日(火)にアユを渡良瀬川と秋山川の
二河川で採取しました。検査結果は後日お知らせします。
●2013年7月15日(月) 秋山川河川清掃ボランティア活動 秋山川
 (ジョータロークラブ様)
 
海の日の15日(月)、牧町・親水公園にて、佐野市の総合型地域スポーツクラブである
ジョータロークラブ様により秋山川河川清掃ボランティア活動が実施されました。
クラブメンバーの子供達は、マラソン大会で走った後、河川を丁寧に時間をかけて清掃し、
アユのつかみ取りを楽しみました。水温25℃に放たれた約100尾のアユは元気が良く、
子供達はびしょびしょになりながら、懸命にアユを追っていました。
取りたてのアユは、その場で漁協役員が炭火で塩焼きにし、保護者の方々によるバーベキューに添え、
夏の味を堪能していただきました。
その後行われた表彰式では、岡部正英佐野市長から賞状やトロフィー等を手渡され
会場は大いに盛り上がっていました。
アルバム>>  
●2013年7月7日(日) アユ釣り解禁 秋山川
関東の梅雨明けが発表され夏本番を迎えた蒸し暑い陽気の下、ここ数日間の雨で水量が増した
秋山川では、日の出時の水温が17℃と釣果に期待の持てる解禁日を迎えました。
午前9時頃の調査では太田沢の堰下で28尾、体長20cmが最高でした。全体的には0~16尾と
ポイント毎にバラツキが見られました。夕方迄に50~60尾の釣果を上げた方もいらっしゃるものの、
野上川(旗川)の解禁日と同様に体長15~17cmの小さなアユが多く、本格的なアユ釣りのシーズンの
訪れはまだ先のようです。
 
●2013年6月30日(日) アユ釣り解禁 野上川(旗川)
昼頃まで時折小雨がぱらつく30日(日)、野上川(旗川)のアユ釣りが解禁となり、
200人以上のアユ釣りファンの方々にお越しいただきました。
水温が日中でも約15℃と先週よりも低く、追いがあまり良くない状態でのスタートとなり、
午前中の平均釣果は12~13尾でした。昼過ぎ頃から陽が射し、気温、水温の上昇と共に
活性も良くなったようで、夕方迄には平均30尾。40尾越えの方も多くいらっしゃいました。
まだアユの体長は小さく、18cm以上の型は少ないですが、夏を迎える頃にはグンと成長し、
手ごたえのある釣りを楽しめると思います。
 
●2013年6月23日(日) アユの試し釣りを実施 野上川(旗川)
30日(日)の解禁を控えた快晴の6月23日(日)、午前9時30分から11時30分の2時間、
下記の9ヶ所で組合役員によるアユの試し釣りを実施しました。
午前9時の気温24℃。川の状況は連日の雨で水量が増してはいるものの濁りのない減水状態。
水温は18℃でした。
体長が平均的にやや小振りのため、解禁日以降のアユの成長が楽しみです。
尚、アユ釣りを楽しまれるには、年券(9,000円)か当日券(2,300円)が必要です。
解禁日は仲屋囮店前の受付でも、囮(1尾500円)と共に販売しています。ご利用ください。
 アルバム>>  
場所   釣果(尾)   体長(cm)   重さ(g) 
 1 唐沢橋    14.5~15.0  27~35 
 2 稲村橋   15.5~16.0  33~35 
 3 仲屋前   16.0~16.5  39~42 
 4 太鼓橋 13.0~18.0  21~37 
 5 小日向 13.5~16.0  20~39 
 6 ミミチ 12.5~17.5  16~38 
 7 栃窪橋 16.5  44
 8 茂木商店前 13.5~17.0  20~47 
 9 小平橋(鉄橋) 14.5~17.5  23~46 
●2013年6月9日(日) アユ釣り解禁 渡良瀬川
 
日中の気温23℃、快晴の6月9日(日)、日の出を合図に約160名の釣り人が一斉に竿を伸ばし、
渡良瀬川のアユ釣りが解禁となりました。
今年は遠方からお越しになった方も多く、例年早い時期に解禁となる渡良瀬川としては、
釣果、型共に良好で、シーズン初日を楽しんで頂けたことと思います。
川の状況は午前6時の水温が17℃、午後1時には22℃迄上昇しました。
流れに濁りは無いものの、水量は少なく渇水状態で、あか腐れが見られました。
午後3時迄の釣果は15~20cmの型が4~38尾でした。
釣果が好調だったのは下流域で、特に日赤下水門から緑橋上流域と田中橋下流から岩井山、袋川合流付近が
良好でした。上流域では葉鹿橋下流がまずまずの釣果でした。
 
足利市の佐藤様に釣果画像投稿頂きました。「田中橋下流 連日絶好調‼」 
●2013年5月26日(日) ヤマメの追加放流 渡良瀬川
5月26日(日)晴れ。午前9時頃から葉鹿橋と渡良瀬川橋(北関東自動車道)で、
ヤマメ100㎏の追加放流を実施しました。
渡良瀬川では、今シーズン最後のヤマメの追加放流となるこの日も、
大勢の渓流釣りファンの方々にお越しいただきました。
尚、野上川(旗川)は9月8日(日)、秋山川は9月15日(日)にヤマメの追加放流を予定しており、
11月23日(土)・24日(日)に、マスの特設釣り場を渡良瀬川で開催予定です。
アルバム>>  
●2013年5月19日(日)  渡良瀬川
 NFS野嶋フィッシングスクール様主催 第7回全国渓流釣り大会
5月19日(日)晴れ。渡良瀬川橋(北関東自動車道)下に本部を置いて、葉鹿橋から緑橋付近のエリアで
野嶋玉造氏が理事長を務められる、NFS野嶋フィッシングスクール様主催の
第7回全国渓流釣り大会が賑やかに開催されました。
前日の18日(土)には、ホテル高尾にて、野嶋玉造理事長を囲んで和気あいあいとした前夜祭が催され、
渡良瀬漁協からは山野井組合長と小野寺専務が参加させて頂きました。
大会当日は早朝からのスタートにも関わらず、前日からの宿泊組も含め40数名が参加し、
日頃鍛えた腕を競い合いました。
正午終了、検量となり、2尾、全長62.1cmの戻りヤマメをゲットした会員の方が優勝されました。
アルバム>>  
●2013年5月12日(日) ヤマメの追加放流 秋山川
5月12日(日)晴れ。午前9時から大勢の釣り人が待つ秋山川で、ヤマメの追加放流を実施しました。
既に2回放流したアユの稚魚を保護するために、渡戸橋より上流域の各ポイントに放流しました。
水温は14℃でしたが、やはり水量が少なく、流れの弱い状況でした。
今回のヤマメは20~25cm。昼前の平均釣果は3~6尾程でした。
アルバム>>  
●2013年5月11日(土) アユの稚魚を放流 秋山川
秋山川の柿平町菜虫館付近から秋山町木浦原にかけて、アユの稚魚を放流しました。
今年2回目の放流では、初回5g程だった稚魚が約8g迄に成長し、
水温14℃の清流の中を元気に泳いでいました。
水量がかなり少ないので、今後の雨に期待したいものです。
秋山川のアユ釣り解禁日は7月7日(日)です。しばらくお待ちください。
●2013年5月6日(月) アユの稚魚を放流 渡良瀬川
快晴の渡良瀬川で今年2回目となるアユの稚魚を放流しました。
気温24℃、水温16℃。水量は減水ですが濁りはありません。
中川町テニスコート付近と北関高速橋の上下付近に20,000尾を放流しました。
渡良瀬川のアユ釣り解禁日は6月9日(日)です。しばらくお待ちください。
●2013年5月5日(日)・6日(月) ヤマメの特設釣り場 野上川(旗川)
GWも終盤の5日(日)、野上川(旗川)作原付近に開設したヤマメの特設釣り場に
大勢の渓流ファンがお越しくださいました。
天気は快晴で水温は10~13℃でしたが、水量は少な目でした。それが原因でしょうか、
午前10時のスタート直後から食いが弱く、また浅い印象を受けました。
それでも開始1時間で0~5尾、昼頃には多い方で10尾を超え、夕方前に20尾前後まで釣果が伸びていました。
一方、終日釣果が伸び悩み、0~2尾位の方も。
渓流釣りのエサは、イクラやブドウ虫が一般的ですが、自分で前日に採取した虫をエサにして、
かなり釣果を上げている方も少数ですがいらっしゃいました。
●2013年5月3日(金)・4日(土)  渡良瀬川
清流会様主催 子供釣り場 
天候に恵まれた3日と4日の両日、渡良瀬川の中橋下流で、清流会様主催の子供釣り場が催され、
500人を超える大勢のお子さんで賑わいました。
アルバム>>
●2013年4月28日(日)・29日(月) ヤマメの特設釣り場 秋山川
午前9時の気温19℃、水温11℃。風も弱く穏やかな天候に恵まれた初日は、秋山川常連さんの他に、
お子さんが竿を握る家族連れの姿も見られ、大勢の渓流ファンで山郷が賑わいました。
午前10時のスタート直後からコンスタントにアタリが出て、食いが浅い傾向が見られたものの、
開始1時間で2~6尾の釣果が上がっていました。
昼頃になるとアタリが鈍り、この日のために設置した人口堰の付近に群れるようになり、
エサ釣りでは難しい状態となりました。
初日夕方迄の釣果は、40尾超えの方もいらっしゃいましたが、平均すると10~20尾位でしょうか。
2日目も晴れて、気温15℃、水温12℃と初日と同様に家族連れの方にも釣り易い環境でした。
ルアーもポイントをそれ程移動せずに、午前中だけで10~20尾の釣果がありました。
今回のヤマメは25cmクラスがメインでしたから、釣り応えのある渓流を楽しんで頂けたかと思います。
アルバム>>
●2013年4月21日(日) ヤマメの追加放流 野上川(旗川)
4月7日(日)から延期となっていたヤマメの追加放流を、本日実施しました。
昨日からの肌寒い雨と、日程が延期されたためでしょうか、釣り人の姿は通常の放流日より
少なく、どのポイントでも自由に竿を伸ばすことができました。
20cmオーバーの型の良いヤマメが、放流直後から釣れていました。
●2013年4月20日(土) アユの稚魚を放流 秋山川
今年の秋山川での放流は、稚魚を保護する目的のため、2日に分けて実施します。
その初回である4月20日(土)は、岩鼻橋から上流に約20,000尾の
アユの稚魚を放流しました。
秋山川のアユ釣り解禁日は7月7日(日)です。
また、岩鼻橋上流では、氷室小学校の子供達に放流体験をして頂きました。
暖かい日が続いた前日迄と比べ、かなり気温が下がり水温も11℃でしたが、
組合役員の説明を受けた後、元気いっぱいに稚魚を放流しました。
塩焼きのアユを頬張る!
●2013年4月14日(日) アユの稚魚を放流 渡良瀬川
昨年より1週間遅い14日。午前10時から葉鹿橋、鹿島橋、北関東自動車道橋、
緑橋の4か所にアユの稚魚、約100,000尾を放流しました。
今年も通常の放流と併せて、川の中に設置した生簀に入れて休養させる
蓄養放流も実施しました。
渡良瀬川のアユ釣り解禁日は6月9日(日)です。しばらくお待ちください。
●2013年4月14日(日) ヤマメの追加放流 渡良瀬川
 清流会様提供
午前9時。気温9℃、水温11℃。大勢の釣り人が待つ葉鹿橋と北関東自動車道橋の2か所で
清流会様の提供による100㎏のヤマメを追加放流しました。
今回も放流直後からルアーがよくヒットしていました。
昼頃迄の釣果ですが、18~20cmの型が2~18尾。平均6尾程でしょうか。
●2013年3月31日(日) ヤマメの追加放流 渡良瀬川
 アカサカ釣具様提供
午前9時半から、アカサカ釣具様の提供による追加放流を実施しました。
150名余の釣り人が待つ、葉鹿橋と北関東自動車道橋の2か所に
100㎏のヤマメを放流しました。
解禁日からの傾向ですが、今回も放流直後からルアーがよくヒットしているようでした。
フライはまだライズがなく、沈めて引きの釣りとなりました。
昼頃迄の釣果を、餌釣りの15名の方に伺ったところ、18~25cmの型を2~12尾でした。
前回の残りヤマメもあり、これからも楽しめる釣り場となりそうです。
●2013年3月24日(日) ヤマメの追加放流 秋山川
朝から曇り空でしたが、風が強く吹くこともない穏やかな釣日和でした。
午前9時の水温は9℃で、寒かった解禁日の頃に比べ、格段に魚の活性が上がり、
放流直後から大勢の渓流釣りファンの方々に楽しんで頂けました。
食いが止まって落ち着いた時間帯になると、やはり今回もルアーが良好でした。
午前中の釣果は3~10尾、平均6尾ほど。
これから暖かくなり、水量が増せば、釣果も伸びると思います。
●2013年3月17日(日) ヤマメの追加放流 渡良瀬川
渡良瀬川の3か所で、午前9時頃よりヤマメの追加放流を実施しました。
天気も良く、放流ポイントを中心に多くの渓流釣りファンの方々で賑わいました。
水温は7℃と低めで、午前中の釣果は0~10尾、平均4、5尾でした。
今回も、ルアーが良好な釣果を上げていました。
●お知らせ  
2013年3月17日(日) 午前9時~ 
 渡良瀬川 渓流魚の追加放流
3月17日(日) 渡良瀬川で渓流魚の追加放流を午前9時頃から実施します。
放流ポイントは次の3か所です。
1. 北関橋付近・右岸(太田側)
2. 鹿島橋下・右岸(太田側)
3. 葉鹿橋下・左岸(足利側)
●2013年3月10日(日) ヤマメの追加放流 野上川(旗川)
野上川(旗川)でヤマメの追加放流を実施しました。
春らしい穏やかな天候の下、先週の解禁日より多くの渓流釣りファンの方々にお越しいただきました。
水温も8℃になり、良好な釣果が望めそうな雰囲気の中、午前9時前から順次放流しました。
ルアーで10尾釣り上げた方がいらっしゃいましたが、午前中の平均的な釣果は3~5尾でした。
どのポイントでも魚影は見えるものの、食いが悪い状態で、釣果が伸びませんでした。
極端に水量が少なく、流れが弱いのが原因と考えられます。
昼頃からは強い北風が吹き荒れ、釣には厳しい環境になりました。
2013年3月3日(日) 渓流解禁
3月3日(日)、前日の強風も治まり、渡良瀬川、秋山川、野上川(旗川)をはじめとする
渡良瀬漁協内の全河川で渓流釣りが解禁となりました。日の出と共に、この日を待ちわびた
渓流釣りファンの方々が竿を伸ばされました。
午前7時の水温は、渡良瀬川で7℃、秋山川が4℃と低く、水量も少ない事が原因でしょうか、
魚の活性が極端に悪く、姿を隠した状態がどの場所でも続きました。
ルアーで落ち葉の下や岩陰から誘い出して釣り上げるという方もいらっしゃいました。
午前中の聞き取り調査の結果、ビクにいっぱいという方は少数で、平均的な釣果は5尾位でしょうか。
最近の釣果と比べると低調で、難しい釣だったようです。
漁法はイクラを使った餌釣りがほとんどで、フライとルアーは数人でした。
アルバムを見る>> 
2013年3月2日(土) 渓流魚の放流を実施
渓流解禁日の前日である2日(土)、強風の中、渡良瀬川、秋山川、野上川(旗川)の各河川で
渓流魚を放流しました。秋山川と野上川(旗川)では昨年の倍量、200㎏をそれぞれ放流しました。
大きく型の良いヤマメは、手応えある渓流釣りを楽しんでいただけると思います。
秋山川の午前9時の水温は5℃でした。水量は各河川かなり少な目です。
また、河川工事等のために放流をしなかった場所や、今回新たに放流した場所があります。
直前情報をご覧の上、ポイントをお選びください。
  アルバムを見る>> 
<直前情報>
秋山川と野上川(旗川)の『放流ポイント』をお知らせします。釣行の参考にしてください。
 
放流したポイントには立て看板が設置してあります。
 
お知らせ 放射線量の調査結果   
2013年に実施した渡良瀬漁業協同組合管内の放射線量調査結果は以下の通りです。
3月1日現在  
採取日 魚種  採取河川名  採取場所  放射性セシウム線量 (単位Bq/kg
2月5日 ヤマメ  秋山川 18.0
2月6日 ヤマメ  渡良瀬川 検出せず
  魚類規制値100Bq/Kg)
  平成25年 渓流解禁日と放流予定  2013/1/31
●渓流解禁日 平成25年3月3日(第一日曜日)日の出 
 ・渓流釣り(全河川) 3月3日(日) 日の出 から 9月19日(木) 日没まで 
   
●放流予定   
  ・解禁前 (稚魚) 各河川合計  ヤマメ12,300尾 イワナ6,000尾
(発眼卵) 各河川合計  ヤマメ48,000尾
   (ヤマメ成魚) 渡良瀬川 100kg. 
  野上川(旗川) 200kg. 
  秋山川 200kg. 
 ・解禁後追加放流予定(ヤマメ成魚)  
 3月10日(日)  野上川(旗川)  100kg. 
 3月17日(日) 渡良瀬川  100kg.
 3月24日(日) 秋山川  100kg.
 3月31日(日) 渡良瀬川(アカサカ釣具様)   100kg.
 4月 7 日(日) 野上川(旗川)  100kg.
 4月14日(日) 渡良瀬川(清流会様)
 4月28日(日)・29日(月) 秋山川 特設釣り場(有料)  200kg.
 5月 3 日(金)・ 4 日(土) 渡良瀬川(清流会様 子供釣り場)
 5月 5 日(日)・ 6 日(月) 野上川(旗川) 特設釣り場(有料)  200kg.
 5月12日(日) 秋山川  100kg.
 5月19日(日) 渡良瀬川(清流会様)  
 5月26日(日) 渡良瀬川  100kg.
 9月 8 日(日) 野上川(旗川)  100kg.
 9月15日(日)  秋山川  100kg.
 11月23日(土)・24(日) 渡良瀬川 特設マス釣り場(有料)  300kg.
◆ ご注意 ◆
*野上川(木戸橋から上流)、秋山川(牧不動橋から上流)は雑魚券では入漁できません。 
*野上川(木戸橋から上流小戸川合流点まで)、秋山川(牧不動橋から上流、渡戸橋まで)は  
 6月1日から鮎解禁日前日まで一時禁漁になります。
*小型魚(15cm以下)はリリースしてください。
*違反入漁者には、10万円以下の過怠金が課せられます。
*追加放流日は、都合により変更となることがあります。ホームページ等でご確認ください。 
●『渓流の日釣り券』が全国の主要コンビニの端末から購入できます。 
 詳しくはこちらをごらんください。>>
 平成25年 鮎解禁日と放流予定    2013/1/31
◎渡良瀬川   
●釣り解禁日 平成25年6月9日(日) 日の出~ 
  ・釣り 6月9日(日) 日の出~
  ・投網Ⅰ 8月4日(日) 正午~10月31日(木) 日没まで  ・渡良瀬川大橋から上流、田中橋まで
  ・投網Ⅱ 9月23日(月) 正午~10月14日(月) 日没まで  ・田中橋から上流、桐生川合流まで(釣り専用区域を除く)
  ・掛け釣り 9月1日(日) 日の出~10月31日(木) 日没まで ・渡良瀬川大橋から上流、田中橋まで
  *掛け釣りは、組合員券・全魚種券の所持者で、許可申請をし別途漁業料を納めた者のみできます。
   (川売り日釣券4,000円もあります)
●放流予定 100,000尾
   
◎野上川 (旗川)  
●釣り解禁日 平成25年6月30日(日) 日の出~ 
   
  ・釣り  6月30日(日) 日の出~ 
  ・投網 9月 1 日(日) 午前5時~9月19日(木) 日没まで ・大戸川、小戸川合流から下流
●放流予定 40,000尾
   
◎秋山川  
●釣り解禁日 平成25年7月7日(日) 日の出~ 
   
  ・釣り 7月 7 日(日) 日の出~ 
  ・投網  9月 8 日(日) 午前5時~9月19日(木) 日没まで  ・渡戸橋から下流
●放流予定 40,000尾
   
 
◆ ご注意 ◆
*鮎は各河川|とも解禁日まで捕ることができません。 
*釣り専用区では投網はできません。 
*鮎のエサ釣り、オランダ釣り、ドカン釣り類(まき餌、練り餌の使用を含む)はできません。 
*囮のハナカンから40cmより長いハリスは使用できません。(鮎ルアーも同じ) 
*違反入漁者には、10万円以下の過怠金が課せられます。 
 
●2012年の河川ニュース>>
 ご協力をお願いします
『放流協力金』を1口10,000円で受け付けています
 詳しくは組合事務所にご連絡ください。>>
 ルールを守り、お互いゆずりあい、楽しい釣りをしましょう。
トップページへ
・ページトップへ ・入漁券のお求めは  ・鮎情報  ・渓流魚情報  ・その他の魚種情報  ・アクセス 
・アルバム  ・渡良瀬川の紹介 ・野上川(旗川)の紹介  ・秋山川の紹介 ・その他の河川紹介
渡良瀬漁業協同組合
Copyright (c) 2010 WATARASE FISHERY COOPERATIVE All rights reserved.
inserted by FC2 system