2015年 河川ニュース
  平成27年 渓流解禁日と放流予定  2015/2
●渓流解禁日 平成27年3月1日(第1日曜日)日の出 
 ・渓流釣り(全河川) 3月1日(日) 日の出 から 9月19日(土) 日没まで 
   
●放流予定   
  ・解禁前 (稚魚) 各河川合計  ヤマメ12,300尾 イワナ6,000尾
(発眼卵) 各河川合計  ヤマメ48,000尾
   (ヤマメ成魚) 渡良瀬川 100kg. 
  野上川 100kg. 
  秋山川 100kg. 
 ・解禁後追加放流予定(ヤマメ成魚)  
 3月8日(日)  野上川  100kg. 
 3月15日(日) 秋山川  100kg.
 3月22日(日) 渡良瀬川(アカサカ釣具様)  100kg.
 3月29日(日) 渡良瀬川   100kg.
 4月 5 日(日) 野上川  100kg.
 4月12日(日) 渡良瀬川(清流会様)予定
 4月26日(日) 秋山川  100kg. 
 5月 3 日(日)・ 4 日(月) 渡良瀬川(清流会様 子供釣り場)
 5月 5 日(火)・ 6 日(水) 野上川 特設釣り場(有料)  200kg.
 5月10日(日) 秋山川  100kg.
 5月17日(日) 渡良瀬川(清流会様)予定  
 5月24日(日) 渡良瀬川  100kg.
 9月 6 日(日) 野上川  100kg.
 9月13日(日)  秋山川  100kg.
 11月22日(日)・23日(月) 渡良瀬川 特設ニジマス釣り場(有料)  400kg.
◆ ご注意 ◆
*野上川(木戸橋から上流)、秋山川(牧不動橋から上流)は雑魚券では入漁できません。 
*秋山川(牧不動橋から上流、渡戸橋まで)と野上川(木戸橋から上流、小戸川合流点まで)は、  
 6月1日からアユ解禁日前日までアユ育成のため一時全面禁漁になります。
*小型魚(15cm以下)はリリースしてください。
*違反入漁者には、10万円以下の過怠金が課せられます。
*追加放流日は、都合により変更となることがあります。ホームページ等でご確認ください。 
 平成27年 鮎解禁日と放流予定   2015/2
◎渡良瀬川   
●釣り解禁日 平成27年6月14日(日) 日の出~ 全域
  ・釣り 6月14日(日) 日の出~ 全域
  ・投網Ⅰ 8月 2 日(日) 正午~10月31日(土) 日没まで    ・渡良瀬川大橋から上流、田中橋まで
  ・投網Ⅱ 9月24日(木) 正午~10月12日(月) 日没まで    ・田中橋から上流、渡良瀬橋まで
  ・掛け釣り 9月 1 日(火) 日の出~10月31日(土) 日没まで   ・渡良瀬川大橋から上流、田中橋まで
  *掛け釣りは、組合員券・全魚種券の所持者で、別途許可申請をし、漁業料を納めた者のみできます。
   (川売り日釣券4,000円もあります)
●放流予定 100,000尾
   
◎野上川  
●釣り解禁日 平成27年6月28日(日) 日の出~ 
   
  ・釣り  6月29日(日) 日の出~ 
  ・投網 9月 6 日(日) 午前5時~9月19日(土) 日没まで ・大戸川、小戸川合流から下流
●放流予定 40,000尾
   
◎秋山川   
●釣り解禁日 平成27年7月5日(日) 日の出~ 
   
  ・釣り 7月 5 日(日) 日の出~ 
  ・投網  9月13日(日) 午前5時~9月19日(金) 日没まで  ・渡戸橋から下流
●放流予定 40,000尾
   
 
 ◆ ご注意 ◆ 
*鮎は各河川|とも解禁日まで捕ることができません。  
 *秋山川(牧不動橋から渡戸橋まで)、野上川(木戸橋から小戸川合流点まで)は、6月1日からアユ解禁日前日まで 
  アユ育成のため一時全面禁漁となります。 
*釣り専用区では投網はできません。  
*鮎のエサ釣り、オランダ釣り、ドカン釣り類(まき餌、練り餌の使用を含む)はできません。  
*囮のハナカンから40cmより長いハリスは使用できません。(鮎ルアーも同じ)  
*違反入漁者には、10万円以下の過怠金が課せられます。  
●2015年11月22日(日)・23日(月) ニジマス特設釣り場 渡良瀬川
水量が多いために例年のテニスコート前ではなく、緑橋上流北岸に会場を移し、今年最後のイベント、
ニジマスの特設釣り場を開催しました。
初日は子供も含め約150人の釣り人が参加され、30cm超級のニジマスを釣り上げました。
●2015年11月15日(日) サケ資源有効利用調査 渡良瀬川
昨年と同様に渡良瀬川の緑橋上流付近で公募メンバーによるサケ資源有効利用調査が実施されました。
午前中は前日からの雨空の下、水位が高く水量も多めで水温は15℃、昨年より難しいコンディションでした。
44名の参加者が午前8時30分から午後2時の5時間30分で32尾のサケを釣り上げました。
産卵の有無や検量等を行い、貴重なデータを収集することができました。
●2015年10月10日(土) 親子水生生物観察会 秋山川
秋山地区豊かな川づくり協議会主催による親子水生生物観察会が秋山川で実施されました。
地元の小学生が、専門家の指導の下で実際に川に入り、水生生物の採取、観察をしました。
目の細かい網で採取した後、ピンセットやスポイトを使用して分類し、さらに観察しながらスケッチしました。
身近な川に多くの水性生物が生きている事に驚き、歓声を上げながら熱心に採取していました。
また丁寧に分類、スケッチすることによって観察力もUPしたのではないでしょうか。
●2015年9月13日(日) ヤマメの追加放流 秋山川
9~10日に降った大雨の影響で、放流が延期になる可能性もありましたが、13日(日)当日は『笹濁りで水量多め』の
良好な状況となり、本年最後の追加放流が予定通りに実施されました。
ヤマメの活性は放流直後から高く、流れの緩いポイントを狙うと良く釣れていました。
2015年の渓流魚漁は19(土)の日没迄です。
●2015年7月20日(月) 河川の清掃活動 秋山川
関東甲信越地方の梅雨が前日に明けて、朝から暑い陽射しの下、「秋山地区豊かな川づくり協議会」では
地域の子供達とその父兄の方々と共に、佐野市牧の親水公園内を流れる秋山川で河川清掃活動を実施しました。
子供達には、水中に生きる魚はもちろん、人々の生活にとっても川の水がきれいである事の大切さについて聞いて頂き
公園内を流れる川床を清掃後、伝統漁法の一つである投網漁を体験、捕獲したアユを塩焼きにして食べて頂きました。
●2015年7月5日(日) アユ漁が解禁 秋山川
7月5日(日)、秋山川のアユ漁が解禁になりました。
日の出時に降っていた雨も午前6時頃には止み、荒井囮店前、太田沢、渡戸橋、秋山学寮前の各ポイントでは
8時頃の水温は18℃、釣果は0~19尾、平均8尾とまずまずのスタートとなりました。
午前9時を過ぎると、水温が上昇したためか、アユの活性が急に良くなり、どのポイントでも
入れ掛かり状態が見られました。午前中の釣果で30尾を超えた方が結構いらっしゃいました。
サイズはまだ小振りで平均16~18cm、稀に20cmクラスが上がっていました。
アユの姿はとても多いので、この先、良いシーズンになると思われます。
 
荒井囮店前 荒井囮店前
荒井囮店前 渡戸橋
秋山学寮前 太田沢堰
●2015年6月28日(日) アユ漁が解禁 野上川
6月28日(日)、渡良瀬川に続いて野上川のアユ漁が解禁になりました。
解禁数日前の予想では、川の様子や成育状態から良好な釣果が期待されましたが、反して、どのポイントでも
囮を追わない、姿が見えないと言った状況で、皆さんの釣果が上がりませんでした。
減水傾向にあった水量が、前日の雨で急激に増水し、水温が大きく下がった事が原因と考えられます。
今後、川の状況が安定し、アユの成長と共に釣果も上がってくると思われます。
●2015年6月14日(日) アユ漁が解禁 渡良瀬川
6月14日(日)に渡良瀬川のアユ漁が解禁になりました。解禁日から24日(水)現在、爆釣り状態と言える
良好な釣果が上がっています。特に、渡良瀬川橋(北関高速)下や葉鹿橋上下では、16~22cmの型を10~50尾と
いった釣果が連日上がっています。未確認ですが、25cmを釣り上げた方もいらっしゃるようでした。
●2015年5月10日(日) ヤマメの追加放流を実施 秋山川
渡戸橋から上流のポイントにヤマメの追加放流を実施しました。開始時刻午前9時の水温は16℃でした。
ヤマメの活性は良好で、放流後間もなく釣れ始め、1時間程で5尾前後の釣果が上がっていました。
●2015年5月5日(火) 渓流魚の特設釣り場を開催 野上川
GWも終盤、まさに五月晴れの下、野上川で渓流魚の特設釣り場を開催しました。
特設の釣り場は、茂木商店様の上下約500mの区間をネットやコンパネ製の堰で仕切り、
ヤマメとイワナを300㎏放流するので、密度の濃い、釣り易い環境で渓流釣りをしていただけます。
毎年参加されている常連さんの他、家族連れで楽しまれる方々も多数見られました。
500mの短い区間ですが、風も弱く比較的ゆったりと釣糸を垂らす事が出来たと思います。
午後2時頃に平均釣果は10尾を超え、20尾以上から100尾近い釣果の方もいらっしゃいました。
明日6日は本日の放流分が随分と残っており、更に追加放流もしますので、十分に楽しんでいただけると思います。
尚、明日は餌釣りの他、ルアーやフライでの釣りも可能です。堰の近くでルアーを落としてみてはいかがでしょうか。
   
●2015年4月26日(日) ヤマメの追加放流を実施 秋山川
初夏の清々しい陽気の秋山川に、多くの釣り人が竿を伸ばされました。風も穏やかで、竿裁きを邪魔されることなく
心地良い釣りが楽しめたのではないでしょうか。
水温は上流部でも12℃以上で、ヤマメの活性がとても良好でした。放流直後から良く掛かり、1~2時間後には
5~10尾以上の釣果を上げている方が多く見られました。
次回、秋山川の渓流魚放流は5月10日(日)です。
   
   
●2015年4月12日(日) 川辺の学校を開催 秋山川
天候に恵まれたこの日、秋山の古代生活体験村前の広場で、第3回あきやまのしだれ桜まつりが開催され、
地元の方々による売店や富士見太鼓の演奏は、訪れた人たちを楽しませてくれました。
渡良瀬漁協では「川辺の学校」を開催し、地元の氷室小学校の生徒さんを中心に、組合長が講演を行いました。
また講演の前後、会場に設置した「子ども釣り堀」で実際にヤマメを釣った子供達から大きな歓声が上がっていました。
釣り上げた後は、塩焼きにしたヤマメを味わって頂きました。子供達の笑顔が溢れた「釣り場」でした。
●2015年4月5日(日) ヤマメの追加放流を実施 野上川
朝から小雨の降る中、午前9時から稲村橋より上流のポイントにヤマメの追加放流を実施しました。
佐野市では桜が見頃となり、水温も11℃迄上がり魚の活性もだいぶ良くなり、各ポイントで
放流直後から釣れ始めていました。
また、最近はルアー釣りで楽しまれる方が増えて、餌に対して反応が鈍い時にも有効な漁法のようです。
 
茂木商店前 
●2015年3月29日(日) ヤマメの追加放流を実施 渡良瀬川
午前9時から葉鹿橋と渡良瀬川橋(北関道)の2ヶ所でヤマメ100kgの追加放流を実施しました。
葉鹿橋、午前9時の水温は15℃あり、放流直後から釣れ始めていました。
ルアー釣りの方も多く見られ、こちらも良く反応していたようです。
●2015年3月15日(日) ヤマメの追加放流を実施 秋山川
午前9時の気温10℃、水温5℃。水量やや少な目な秋山川でヤマメの追加放流を実施しました。
先週の野上川と同様に解禁日以上の渓流釣りファンにお集まりいただきました。
水温がまだ低いためでしょうか、上流部を避けた方が多く、落倉橋より下流域のポイントに人気がありました。
やはり放流直後こそ食いが良くありませんでしたが、水温の上昇と魚が落ち着いてきた頃には
各ポイントで釣れ始め、昼頃までには10尾を超える方がかなりいらっしゃいました。
渡戸橋付近 
秋山学寮前 正の沢橋
また、この日は日軽興業工場前の河川敷を、秋山地区・豊かな川づくり協議会の協力を得て、
草刈やゴミ拾い等の河川清掃も行いました。
 
●2015年3月8日(日) ヤマメの追加放流を実施 野上川
一週間前の解禁日と同様に小雨の降る中、午前9時、稲村橋から上流の約20ヶ所でヤマメの追加放流を実施しました。
解禁日以上の渓流釣りファンにお集まりいただき、人気のあるポイントでは多くの方が竿を伸ばされていました。
放流直後は食いが良くありませんでしたが、昼前の平均釣果は5~6尾でした。
早朝から釣り始め、放流を実施する前に10尾以上を釣った方もいらっしゃいました。
茂木商店付近
●2015年3月1日(日) 渓流釣り解禁 全河川
野上川や秋山川の上流域では、明け方に積雪も見られ、日中も冷たい雨が降る中、2015年の渓流釣りが全河川で
解禁となり、埼玉県や千葉県、茨城県からも渓流釣りファンにお越しいただきました。
この時期は気温、水温(秋山川で解禁直後4℃)ともに低く、更に雨模様の薄暗い条件下では
スレていない魚が多くいる解禁日とはいえ難しい釣りとなりました。
午前9時前の調査では、各ポイントで20cm前後の型の良いヤマメが2~10尾といった釣果でした。
また、放流ポイント以外の所で、昨年からのヤマメをテンポ良く釣り上げている方もいらっしゃいました。
今後、追加の放流を各河川で予定しています。季節が暖かくなると、さらに楽しんで頂けると思います。
 秋山川・渡戸橋上流
●2015年2月28日(土) ヤマメ成魚を放流
渡良瀬川・野上川・秋山川
明日3月1日(日)の渓流解禁に向けて、渡良瀬川、野上川、秋山川にそれぞれ100㎏の
型の良いヤマメとイワナの成魚を放流しました。
  野上川と秋山川は約20ヶ所に分けて、渡良瀬川は葉鹿橋、渡良瀬川橋(北関)、緑橋付近に実施しました。
秋山川の午前9時の水温は5℃。水量はまとまった降雨が無いので、やや少なめです。
秋山川は日陰堰(荒井囮店前)から上流の木浦原まで。野上川(旗川)は稲村より上流に放流しました。
秋山川と野上川の上流域では28日昼の時点で残雪や路面凍結はありませんが、
夜間、早朝は路面凍結の可能性がありますのでご注意ください。
 放流したポイントには立て看板を設置してあります。
秋山川・木浦原の『安曇野蕎麦店』様と野上川・長谷場の『安藤電気』様でも
遊魚券をお求めになれます。ご利用ください。詳細はこちら>>入漁券のお求めは
●2015年2月26日(木) ヤマメの稚魚を放流 彦間川
昨年11月からヤマメの発眼卵を飼育、観察してきた佐野市立飛駒小学校の1,2年生の児童が
学校近くを流れる彦間川に、約300匹の稚魚を放流しました。
●2014年の河川ニュース>>
 ご協力をお願いします
『放流協力金』を1口10,000円で受け付けています
 詳しくは組合事務所にご連絡ください>>
 ルールを守り、お互いゆずりあい、楽しい釣りをしましょう
トップページへ
・ページトップへ ・入漁券のお求めは  ・鮎情報  ・渓流魚情報  ・その他の魚種情報  ・アクセス 
・アルバム  ・渡良瀬川の紹介 ・野上川(旗川)の紹介  ・秋山川の紹介 ・その他の河川紹介
渡良瀬漁業協同組合
Copyright (c) 2010 WATARASE FISHERY COOPERATIVE All rights reserved.
inserted by FC2 system