2017年 河川ニュース
  平成29年 渓流解禁日と放流予定  2017/1
●渓流解禁日 平成29年3月5日(第1日曜日)日の出 
 ・渓流釣り(全河川) 3月5日(日) 日の出 から 9月19日(火) 日没まで 
   
●放流予定   
  ・解禁前 (稚魚) 各河川合計  ヤマメ12,300尾 イワナ6,000尾
(発眼卵) 各河川合計  ヤマメ40,000尾
   (ヤマメ成魚) 渡良瀬川 100kg. 
  野上川 100kg. 
  秋山川 100kg. 
 ・解禁後追加放流予定(ヤマメ成魚)  
 3月12日(日)  野上川  100kg. 
 3月19日(日)  秋山川  100㎏
 3月26日(日) 渡良瀬川(アカサカ釣具様)  100kg.
 4月 2 日(日) 野上川   100kg.
 4月 9 日(日) 秋山川  100㎏
 4月16日(日) 渡良瀬川  100kg.
 4月23日(日) 野上川  100kg.
 4月29日(土)・30日(日) 野上川 特設釣り場(有料)  250kg
 5月 7 日(日) 秋山川  100kg. 
 5月14日(日) 渡良瀬川  100㎏
 5月21日(日) 渡良瀬川  100kg.
 9月10日(日) 野上川  100kg.
 9月17日(日) 秋山川  100kg.
 12月 2 日(土)・3日(日) 渡良瀬川 特設ニジマス釣り場(有料)  400kg.
 ・ヘラブナ放流  
 12月上旬 渡良瀬川  400kg
     
◆ ご注意 ◆
*野上川(木戸橋から上流)、秋山川(牧不動橋から上流)は雑魚券では入漁できません。 
*野上川(木戸橋から上流、小戸川合流点まで)と秋山川(牧不動橋から上流、渡戸橋まで)は、  
 6月1日からアユ解禁日前日までアユ育成のため一時全面禁漁になります。
*釣り専用区では投網はできません。
*小型魚(15cm以下)はリリースしてください。
*違反入漁者には、10万円以下の過怠金が課せられます。
*遊漁者は相互に適当なる距離を保ち、他の迷惑となる行為をしてはなりません。
 又、遊漁時刻は日の出から日没までとする。ロープ、置き竿等による場所取りを禁止します。
*遊漁券・組合員証の有効期限は当年3月1日から翌年2月末日までです。
  ※期間以外は使えません。 ※入漁証は必ず見やすい所に着けてください。
*追加放流日は、都合により変更となることがあります。ホームページ等でご確認ください。 
 平成29年 鮎解禁日と放流予定   2017/1
◎渡良瀬川   
●釣り解禁日 平成29年6月11日(日) 日の出~ 全域
  ・釣り 6月11日(日) 日の出~ 全域
  ・投網 8月27日(日) 正午~10月31日(火) 日没まで    ・渡良瀬川大橋から上流、田中橋まで
  ・掛け釣り 9月 1 日(金) 日の出~10月31日(火) 日没まで   ・渡良瀬川大橋から上流、田中橋まで
  *掛け釣りは、組合員券・全魚種券の所持者で、別途許可申請をし、漁業料を納めた者のみできます。
   (川売り日釣券4,000円もあります)
  *田中橋から上流は釣り専用区域になります。
●放流予定 120,000尾
   
◎野上川  
●釣り解禁日 平成29年6月25日(日) 日の出~ 
   
  ・釣り  6月25日(日) 日の出~ 
  ・投網 9月 3 日(日) 午前5時~9月19日(火) 日没まで ・大戸川、小戸川合流から下流
●放流予定 35,000尾
   
◎秋山川   
●釣り解禁日 平成29年7月 2 日(日) 日の出~ 
   
  ・釣り 7月 2 日(日) 日の出~ 
  ・投網  9月10日(日) 午前5時~9月19日(火) 日没まで  ・渡戸橋から下流
●放流予定 35,000尾
   
 
 ◆ ご注意 ◆ 
*アユは各河川|とも解禁日まで捕ることができません。  
 *秋山川(牧不動橋から渡戸橋まで)、野上川(木戸橋から小戸川合流点まで)は、6月1日からアユ解禁日前日まで 
  アユ育成のため一時全面禁漁となります。 
*釣り専用区では投網はできません。  
*鮎のエサ釣り、オランダ釣り、ドカン釣り類(まき餌、練り餌の使用を含む)はできません。  
*囮のハナカンから40cmより長いハリスは使用できません。(鮎ルアーも同じ)  
*違反入漁者には、10万円以下の過怠金が課せられます。  
●2017年4月9日(日) 「川辺の学校」を開催 秋山川
「第5回あきやまのしだれ桜まつり」が実施されたあきやま学寮古代体験村で「川辺の学校」を開催しました。
午前11時頃から体験館にて、「秋山川にすむ魚の話」講演受講の後、実際にヤマメ釣りの体験をしたり、
塩焼きにしたヤマメを味わって頂きました。
   
●2017年4月9日(日) 渓流魚の追加放流を実施 秋山川
午前8時半、雨は降っていましたが気温は暖かく、水温10℃の日陰堰から上流に渓流魚100㎏の追加放流を実施しました。
解禁の頃に比べると水温が上がり、活性が良くなったようで、放流直後から釣れていました。
 
●2017年4月2日(日) 渓流魚の追加放流を実施 野上川
 午前9時、野上川の稲村橋から上流の23ヶ所に渓流魚100㎏の追加放流を実施しました。
 放流を開始した稲村橋付近では桜も咲き始めました。雨は降ったものの、まだ水量は少なく、その水温は8℃でした。
 若干の水量の増加と水温が上がったためでしょうか、どのポイントでも放流直後から良く釣れていました。
   
   
   
   
   
   
●2017年3月19日(日) 渓流魚の追加放流を実施 秋山川
今日明日と連休のこの日、午前9時から秋山川の日陰堰より上流の20ヶ所に渓流魚100㎏の追加放流を実施しました。
水量は相変わらず少なく、魚の活性が良いとは言えませんが、穏やかな天候の下、水温8℃と先週に比べやや上昇し、
多くの渓流釣りファンの方々が竿を伸ばされていました。
 
   
   
●2017年3月12日(日) 渓流魚の追加放流を実施 野上川
 野上川の上流域にも梅の花が咲き、春らしい陽気の下、渓流魚100㎏の追加放流を実施しました。
 放流を開始した午前9時の稲村橋の水温は6℃、水量は解禁日と同様に少なめです。
 放流直後の釣果は0~7尾で、水温の差でしょうか、上流域よりも下流域の方が釣れていました。
 野上川だけではなく、どの河川も水量がとても少なく、魚の活性が良くない状態が続いています。
 恵みの雨が欲しいところです。
 
   
   
   
●2017年3月5日(日) 渓流釣り解禁 各河川
3月5日(日)日の出、各河川で渓流釣りが解禁となりました。
4日(金)にヤマメ成魚100㎏とサクラマス成魚200kgを放流した渡良瀬川では、解禁日前日から急に冷え込み、
前日までは11℃あった水温が7℃まで低下しためと、水量の少ない環境で、魚の活性が落ち、食い渋りの状態が見られました。
どの場所でも深場よりも平瀬での釣果が上がっていましたが、0~10尾の釣果と不調でした。
また、17~25㎝のヤマメの成魚100㎏を前日に放流した野上川と秋山川では、例年にない水量の少なさに加え、
渡良瀬川と同様に前日までの水温9℃が6℃にまで下がり、食い渋り状態が見られましたが、
イクラを中心としたエサ釣りで3~20尾の、ルアーでは5~15尾が釣果が上がりました。
全体的には少ない水量と急な水温の低下による食い渋りの下、難しい釣りになりました。
かなりの魚が残っていますので、暖かくなる今後に期待が持てそうです。
   
●2017年3月3日(金)・4日(土) ヤマメ成魚を放流 各河川
 明日、3月5日(日)の渓流解禁を前に、3日は渡良瀬川、4日は野上川と秋山川に、それぞれ100㎏のヤマメ成魚を放流しました。
 渡良瀬川は、葉鹿橋の上流と下流、渡良瀬川橋(北関道)上流、緑橋下流にヤマメ成魚100㎏の他、サクラマス200㎏を放流。
 また、野上川と秋山川は、約20ヶ所のポイントに分散してヤマメ成魚を放流しました。
 野上川の放流ポイントは、炭屋堰、唐沢橋下、三日月、稲村堰、仲屋前、支所前、宮堰下、越沢橋下、蛭沢橋、下出堰、太鼓橋上、
 太鼓橋下流、小日向、みみち、栃久保橋下、柴の沢堰上、消防小屋前、茂木商店前、取戸堰、小戸口前、忠之助橋下など。
 秋山川は、日陰堰上下、太田沢堰上下、片根、前沢橋下、公民館下流、秋山橋上下、古代体験村前、氷室神社前、阿部哲治商店前、
 モジ淵、上の山カーブ、落倉橋、神山蕎麦前、大倉橋、ヘッツリ橋、東電橋、安曇野そば前など。
 (放流ポイントが個人宅付近のものは、ここに記載していません。現場の立て看板で確認してください。)
 明日日の出、各河川の水量は少ないですが、今年初の渓流釣りをお楽しみください。
   
   
 
 放流したポイントには左の看板が立っていますので
 釣行の目印として参考にしてください。
 
●2016年の河川ニュース>>
 ご協力をお願いします
『放流協力金』を1口10,000円で受け付けています
 詳しくは組合事務所にご連絡ください>>
 ルールを守り、お互いゆずりあい、楽しい釣りをしましょう
トップページへ
・ページトップへ ・入漁券のお求めは  ・鮎情報  ・渓流魚情報  ・その他の魚種情報  ・アクセス 
・アルバム  ・渡良瀬川の紹介 ・野上川(旗川)の紹介  ・秋山川の紹介 ・その他の河川紹介
渡良瀬漁業協同組合
Copyright (c) 2010 WATARASE FISHERY COOPERATIVE All rights reserved.
inserted by FC2 system